アフィリエイトとは|現役アフィリエイターが送るTFTネットセミナー

アフィリエイトで稼ぐ方法を紹介

トップ » プログラム選定

検索エンジンで上位のライバルをチェック

●ライバルチェックをする意味

ASP登録、プログラム選定、キーワード選定が終われば、次にすることはライバルのチェックです。 ライバルというのはyahooやグーグルなどの検索エンジンで上位に表示されている相手の事です。 基本的に検索エンジンからのアクセスはトップ10(検索した時に1ページ目に出てくるサイト)以内に入らなければ、ほとんどアクセスは見込めません。 つまり、現在トップ10にいるサイトを蹴落として自分のサイトを上位に表示させる必要があるということです。

勝てる相手と勝負する

●自分が決めたキーワードで検索してみよう

yahooやgoogleで検索してみると今現在の上位サイトがずらっと出てきます。 このサイトをすべてチェックしていきます。
チェックする項目としては以下の点です。

  • 企業のサイトがいないか
  • トップアフィリエイターがいないか
  • ディレクトリ登録サイトがいるのか
  • 被リンク(バックリンク)がどの程度か
  • コンテンツの充実度


●トップアフィリエイターや企業のサイトがいないか

企業のサイトやトップアフィリエイターのサイトというのは非常に強いseoがかけられている可能性が高く、初心者アフィリエイターが太刀打ちするには無謀と言えるでしょう。 見分ける方法としては、コンテンツの充実度やサイトの見栄えや完成度などに注目しましょう。それらのレベルが高い場合は企業やトップアフィリエイターの運営しているサイトである可能性があります。

●ディレクトリ登録サイトがいるのか

ディレクトリ登録とは「yahooカテゴリー」「e-まちタウン」「クロスメディアディレクトリ 」など大手の有名サイトに登録されており、協力なリンクを受けている受けているということのなります。 こういったヤフカテサイトがトップ10内に数多く存在する場合は、そのキーワードは競争率の激しい激戦区ということになります。

●被リンク数

ライバルの被リンクの数が多いということは、それだけseoをかけている強いサイトということになります。 被リンク数と被リンクの質を見る事が大切です。 上質なサイトから多くリンクされていれば、それだけseo的にも強いサイトと言えるでしょう。

●コンテンツの充実度

コンテンツが充実しているサイト、ページ数の多いサイトというのは検索エンジンからの評価も高くなります。 それと同時にそのサイトはトップアフィリエイターや中級アフィリエイターのサイトである可能性があります。
激戦区はそれだけ稼げるキーワードであり稼げるジャンルである場合が多い

実際にチェックしてみよう

seoチェキ

●使えるツール「seoチェキ」

実際に1サイトずつライバルを調べていく訳ですが、様々なツールがある中TFTネットセミナーでは「seoチェキ」をおすすめしています。 seoチェキは無料で使えるツールの上に、ディレクトリ登録の有無や被リンク数のチェックなどができます。 使い方は非常に簡単で、サイト中央にあるURLを打ち込むところにライバルサイトのURLを入力し、右にあるチェックボタンを押すだけです。

seoチェキ以外にも様々なサイトチェックツールがありますし、無料で使い勝手がよく高性能のツールなどもありますので、そういったツールは見つけた場合は積極的に取り入れていくようにしましょう。

ライバルチェックのまとめ

紹介するプログラムを選びキーワードを決めたら、そのキーワードで検索エンジンでの上位表示が狙えるかのライバルチェックをします。 ここをおろそかにすると、いつまで経っても自分のサイトにアクセスが集まらず、報酬も発生しないという状況に陥ります。 ライバルチェックをしてみて、相手が強く上位表示が難しいと感じた時は、もう一度キーワードやプログラムの選定という繰り返しになります。 これなら勝てるという穴場のキーワードやプログラムに出会うまで何度でも根気よく繰り返すことをおすすめします。
アフィリエイトとは|現役アフィリエイターが送るTFTネットセミナー
アフィリエイトとは|現役アフィリエイターが送るTFTネットセミナー